中古車買取査定業者が、査定を行うときは、その相場を基準として決定しています。では、中古車の査定金額はどのように決まるかを見て行きましょう。

まず、しっかりと認識したいことは、車はその持ち主にとっては大切な資産であるということです。確かに、それを売却しようとするときは中古車という形で取引がされるのですが、資産であることは間違いありません。それゆえに、その資産価値は適正に評価されなければならないものであり、そのように査定がされるようにするための制度があります。 それが中古自動車査定制度と言われるもので、中古車の査定基準を定めています。

その目的は、中古車を売却しようとしている利用者に安心と公正さを与える事を目的としているものであり、多くの中古車買取査定業者がこの基準を元にして査定を行なっています。

逆を言えば、法外な程の安値で買取を要求するということがないようにということであるために、ある程度の業者の状況や、車種による車の流通事情が加味されるわけですから、同じ車の見積り査定を行う際にも業者によって査定金額に違いが生まれてくるわけです。よく、中古車の価格は「業者間オークションの相場で決まる」と言われることがありますが、確かに、その相場の根拠となっているものも、中古自動車査定制度をベースとして、それぞれの車種の需要と供給、つまり、人気の車かそうでないか?希少性があるのかどうか?

勿論、オークションの時期によって人気がでたりそうでなかったりと様々な要因が絡み合いながら査定は行われていきます。勿論、オークションの行われる地域によっても違いますよね! 寒冷地であれば、それなりの装備や仕様が求められるわけであり、温暖なところでは必要のないものもあるわけです。そうしたことが全て加味されながら基準となるものに上乗せされていると考えましょう。