中古車を手放す時には、買取りと下取りの2つの方法があります。このの違いをしっかり理解してから、、査定を受けて比較検討してどちらが有利かを考えることが高額査定を導き出す事になります。

買取とは「現在使用している車を売り、現金化する」事を示します。新車の購入を検討しているのであれば、次の車の購入資金に充当することになるでしょう。

買取の価格は、中古自動車査定制度に基づく基準を元にして、業者間オークションでの相場を参考にしながら、その車について現在買取りが可能な最高値を基本価格とし、装備や車の状態など考慮しながら算出されます。中古車の相場はオークション会場や地域性によって取引される相場はそれぞれ異なってきます。

しかし、全国展開している大型チェーン店の場合、原則的にどこで査定をしても同じ料金になります。

また、買取りの場合は、カーナビやアルミホイール等の社外オプションについてもそれらの状態によってはプラス査定の対象となることもあります。

下取りとは今使用している愛車を売却して、同じ販売店で買う次の車の購入資金の一部にすることを示します。買うのも売るのも同じ店なので、様々な手続きその他の手間が省けます。ただし、下取りの場合、他の中古車販売査定業者で高い査定額の提示を頂いたとしても、その額を下取り額う合わせてくれることはありませんし、人気車種であってもどんなによいオプションがついていたとしても買い取りに比べるとプラスになりにくいことがあるのです。

そういった事を考えても、仮に、車を手放す理由が、新しく次の車に買い換えるという事であっても、中古車販売査定業者に査定を依頼してなるべく高値で買取を依頼したほうがメリットが大きいと言えます。まずは、インターネットの査定サイトで一括見積もりを利用してみるのはいかがでしょうか?