中古車買取査定業者になるべく高額の査定をもらおうと思うのは、車を売ろうと考えている方なら誰でも当然のことです。業者にしても、車検の失効間際の車だと、改めて中古車を市場に出すときに車検を通すのだから、少しでも車検の期限は長くあったほうが有利に働くと思うのではないでしょうか?

しかしながら、大いに関連性の深く見える車検と査定額のことですが、結論をはなしすると、ほとんど査定額に影響を与得ることはありませんし、車検の有効期限が長くてもプラス査定の期待は出来ないというのが現実なようです。

逆を考えた場合どうでしょうか?どういうことかといえば「車検の失効期限間近である」という理由は査定額にマイナスとなるのでしょうか?

実は、車検切れが近くなれば近くなるほど、査定額がマイナスされていくのは間違いありません。つまり、車検を通して、その有効期限を伸ばすことによってプラス査定をもらおうというのは無駄という事です。

つまり、それは返って無駄な努力となるために、その結果、車検を通さない方が得であると考えられるわけです。 それによく考えてみると彼らは車についてはプロなわけで車検にかかる費用だけを比べてみても、中古車買取査定業者は自分たちの提携している車検業者に依頼をすることが出来ます。

つまり、一般の我々が車検をするよりも安価で対応してしまうことが可能なのです。新しい車の納車の時期を考えて頻繁に車を使うために、車が使えないのはまずいので車検を通しておかねばならないなどという状況を除いては車検前に査定を受けて売却をすることを考えたほうが良いと思います。